前へ
次へ

肉を下ごしらえするときとにかく叩けば良いか

生肉を購入してきてその後加熱処理をするときがあるでしょう。
焼くときもあれば煮たり揚げたりするときもあります。
料理番組などでは肉の下ごしらえとしてよく包丁で叩いたり、専用の調理器具を使って叩くシーンを見かけるでしょう。
すると肉の下ごしらえは叩かないといけないと考える人もいます。
まず調理前に肉を叩く理由は肉を柔らかくするためです。
そのまま焼くと固くなることがあるので、叩いて肉の繊維を壊すことで柔らかくすることができます。
あくまでも固い肉に対しての下ごしらえであって、固くない肉に対して叩くのは意味のない行為です。
叩くことで肉の良さを失うときもあります。
霜降りの牛肉などはそのままの状態で柔らかいので、下ごしらえは味付けなどだけでよいでしょう。
叩いてしまうとせっかくの脂身や旨味が溶け出てしまって見た目も悪くなってしまいます。
安い牛肉の中には固いものもあるので、それらは叩いておくことで柔らかく仕上げられるでしょう。

安心して東京でのスキャニングを依頼できます
高セキュリティ下でスキャニングを行うため、情報漏洩の心配がありません。

低価格でデータ入力を行う会社in東京
リーズナブルな価格で高品質なデータ入力をしてもらえます。

東京でキャンペーン企画の代行は専門会社へ
応募受付から景品の発送まですべてお任せすることが可能です。

安心してデザイン制作を任せられる東京の会社
マーケディングの側面からも売れるデザインを制作してくれます。

Page Top