前へ
次へ

冷めたてんぷらをサクサクに復活させたい

家庭で作ったてんぷらは何といっても揚げたてが美味しいでしょう。
でもたくさん作ったときは余るときもありそれを翌日などに食べるときもあります。
その他総菜屋さんで買って来たてんぷらはその場では食べないので数時間以上時間が経ってしまいます。
時間が経つと油でベタっとした状態になることも多いです。
冷めたてんぷらを温めて食べる方法として、まずしてはいけないのが電子レンジでしょう。
特にラップをかけてレンジにかけるとサクサクどころかよりベタっとします。
ラップをかけずに電子レンジをかけると温まりますが衣が異常に固くなります。
これは揚げなおしやフライパン、グリルなどを使っても同じようになります。
冷めたてんぷらがベタっとなる理由は衣の気泡がつぶれてしまうからです。
それを復活させるにはまずてんぷらを水につけその後に水気を吸い取ります。
そして揚げたりグリルで加熱をすると揚げたてに近い食感が復活します。
水を含ませると気泡が戻り、加熱により気泡を維持した状態になります。

Page Top