前へ
次へ

地鶏と銘柄鶏の違いを知っておく

鶏肉は唐揚げにしたり煮物などに使ったりと使い勝手のいい肉として知られています。
牛肉や豚肉に比べると単価が安くなっていて、安くたんぱく質を補給したいときに重宝する肉ともいえるでしょう。
一般的にスーパーで売られている鶏肉はブロイラーと呼ばれていて、機械的に早期成長を促すよう飼育された鶏肉になります。
ブロイラーだから体に良くない、美味しくないわけではなく、早期成長させることで肉質が柔らかい等のメリットもあります。
ただしっかり成長させた方が味が良くなることもあり、ブロイラー以外の鶏肉を購入したいと考える人もいるようです。
お店などでは地鶏であったり銘柄鶏を見かけることもあるでしょう。
現実として地鶏と銘柄鶏は異なり、地鶏は厳格な基準をクリアしていないと飼育や販売ができません。
日本古来種を一定期間育てる必要があります。
銘柄鶏は地鶏のような基準がなく生産者は比較的自由に名乗ることができます。
ブロイラーの生産者が特別な餌を与えて生産して銘柄鶏として販売することもあります。

Page Top